神奈川県立生命の星・地球博物館

神奈川県立生命の星・地球博物館のご紹介します。


園内は、特別展・企画展・ミニ企画展など開催。
中に入って、まず目につくのが世界で一番大きいクマがお出迎えの
圧倒するぐらいの大きさで、びっくり。
迫力があります。

常設展・展示コーナーでは、地球を考える・生命を考える・神奈川の自然を考える・自然との共生を考える
テーマにそって飾られています。
子供に人気の恐竜が展示されてたり、いろんな動物が展示してあったりと見所満載。
見上げれば、天井には大きい恐竜が飛んでいる形で飾られてたり、目にとまるところが
たくさんあります。
眺めているだけでも楽しい。

まじかで、恐竜の骨や模型をみて、本当に生きていたのかと思うとびっくりだし信じられないような
感じがして未知の世界を感じられる場所。
いろんな動物の剥製も飾られていて、可愛いのとリアル感がすごくて驚き。
ちょっと、リアルすぎてサルの剥製が特に怖かったなぁ。

おみあげコーナーでは、
白亜紀に生きていたスピノサウルスの歯が売っていたり、もちろん他の恐竜の歯も売っていました。
いろんな種類の石・水晶など売り場に多種多様においてあります。

大きい歯にびっくり。
貴重な歯だけにお値段も高めで、やっぱりそんなにするかぁと思いました。
恐竜好きの人は、この立派な歯をみたら欲しいと思うのかなぁ。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。